日々の食事によるAGAの対策

  • 投稿日:

日々の食事によるAGAの対策で押さえておきたいポイント

AGAの対策は身体の内側から行うこともでき、日々の食事に拘ってみてはいかがでしょうか。

食生活を見直して栄養素をしっかりと摂取することにより、髪の毛を太く長く成長させられます。

以下では、どのようなポイントを押さえて対策していけば良いのかまとめてみました。

髪の毛に良い食べ物を中心に献立を考える

食事でAGAを対策するには、髪の毛に良い食べ物を中心に献立を考えなければなりません。

どんな食べ物が良いのか見ていきましょう。

  • 良質なタンパク質をたっぷりと含んでいる食べ物(髪の毛はケラチンと呼ばれるタンパク質で構成されている)
  • 男性ホルモンを作り出す酵素を阻害する大豆製品
  • タンパク質が毛髪になるのをサポートするニンジン
  • 全身の血流を改善したり身体を温めたりするカボチャ
  • 髪の毛の材料となるアミノ酸のアスパラギン酸を含むアスパラガス
  • ケラチンの合成に必要な亜鉛の含有量が多い亜鉛
  • ビタミンがたっぷりと含まれたキウイやグレープフルーツなどの果物
  • 毛母細胞を活性化させる力を持つピーナッツ

中でも野菜や果物には髪の毛に良い栄養素が配合されています。

野菜不足の現代人は意外と多いので、肉類や乳製品に偏った食生活を見直して野菜を積極的に食べる努力をしてください。

栄養素をバランス良く摂取する

「○○○の栄養素を摂取すれば薄毛の進行をストップできる」というわけではありません。

どれか一つだけではなく、全ての栄養素をバランス良く摂取するのがポイントです。

  • 髪の毛を構成しているケラチンそのものとなるタンパク質
  • 細胞分裂を正しく行って頭皮の健康をキープするビタミンA
  • 細胞の新陳代謝を促したり皮脂の過剰分泌を抑えたりするビタミンB群
  • 新しいコラーゲンを合成して弾力のある毛細血管を維持するビタミンC
  • 毛細血管を広げて毛乳頭へと行き渡る栄養素を増やすビタミンE
  • ケラチンの合成をサポートしてくれる亜鉛
  • 男性ホルモンの抑制へと働きかyasai (2).jpgけてくれるイソフラボン

上記の栄養素が髪の毛や頭皮の健康と深く関わっており、野菜や果物の中に含まれています。

現代人はカップラーメンなどのインスタント食品や、ハンバーガーなどのファーストフード食品を食べる機会が多く、知らず知らずのうちにビタミンやミネラルが不足しているのです。

既にAGAを発症している男性が栄養不足に陥ると、抜け毛の症状が加速しやすいので気を付けなければなりません。

「明日から食事内容を変えよう」というのは難しいかもしれませんが、自炊するにしても外食するにしてもバランスに拘ってみてください。